今ある資源を循環させた結婚式場業と発電事業を展開するBLDグループホールディングス

BLD GALLERY 活動履歴(2011〜2012年)

BLDギャラリーでは、国内外を問わず、世界で活躍するアーティストたちの展覧会やイベントを企画、開催することで、芸術文化が持つ美意識・価値観・創造性などを多くの方に体感していただけるようにと年間を通して情報を発信し続けております。
また、東京をはじめ、福岡、兵庫、愛知、北海道など各地の公共美術館やギャラリースペースとの協賛活動においても力を入れており、美術関係者や作家だけではなく、地域の人々とのとのつながりを大切にし、文化芸術の地域浸透、発展に貢献することも目的としております。

瀬戸正人 「binran」

自らの発表の場PLACE M立上げ後、精力的に活動を続ける写真家の台湾を舞台にした近作展。
開催期間:2011年6月3日~6月26日
関連イベント:瀬戸正人 トーク&スライドショー


吉行耕平 「The Park」

覗き屋にまじり深夜の公園でアベックの生態を撮影した、海外にも大きな衝撃を与えた問題作。
開催期間:2011年6月29日~7月18日
関連イベント:アーティスト・トーク、ゲスト:末井昭(編集者)


蜷川実花 「月刊MEN 向井理」展

写真家、映画監督として独自の才能を開花させたアーティストと、旬の俳優・向井理との傑作コラボレーション。
開催期間:2011年7月22日~9月4日


「SCANDAL 2」 宇野亜喜良 沢渡朔 立木義浩 寺山修司 森山大道

60年代、互いに挑発し刺激し合いながら時代を切り開いた同世代のアーティストたちの傑作選。
開催期間:2011年9月9日~10月4日
関連イベント:宇野亜喜良 ライヴ・ペインティング、森山大道 ドキュメンタリー上映


柴田敏雄 「concrete abstraction」

2009年より撮りためたカラー作品から厳選。40インチ×50インチの大画面が会場を埋め尽くす。
開催期間:2011年10月7日~11月6日


松井紫朗 「Like when you miss button your shirt」

関西ニューウェーブのひとりとして活躍。シリコン・ラバーを使ったユニークな作品を中心に展示。
開催期間:2011年11月11日~12月6日


「SCANDAL extra」 杵島隆 × 加納典明

「写真は時代を切り裂く道具」という加納典明と、その師であった故・杵島隆の激烈写真対決。
開催期間:2011年12月9日~12月28日


細江英公 写真展

より私的、芸術的な表現で戦後の日本写真界を牽引する世界的写真家のレトロスペクティブ。
開催期間:第一期:2012年1月6日~1月29日「鎌鼬」、第二期:2012年2月1日~2月16日「シモン 私風景」、第三期:2012年2月29日~3月18日「おとこと女+抱擁+ルナ・ロッサ」、第四期:2012年3月21日~4月8日「大野一雄+ロダン」、第五期:2012年4月11日~4月22日「知人たちの肖像」、第六期:2012年4月25日~5月13日「薔薇刑」
関連イベント:細江英公 アーティスト・トーク、細江英公 映像作品上映、ゲスト:ドナルド・キーン(文芸評論家)、四谷シモン、白石かずこ、光田由里(渋谷区松濤美術館学芸員)、大野慶人、藤原安紀子(詩人)、文月悠光(詩人)、暁方ミセイ(詩人)、森山大道(写真家)


マイケル・ケンナ写真展 「IN FRANCE」

心象的な風景写真で独自の世界を展開するアーティストが、フランスを舞台に四季を切り取る。
開催期間:2012年5月16日~6月3日


金村修 「HUMAN NOISE AMPLIFIRE」

暗室に仕立てたギャラリーで複数のプロジェクターを使用した、ユニークなスライド上映展。
開催期間:2012年6月9日~6月10日


小川隆之 写真展 「NEW YORK IS」

広告写真家として知られる写真家が1967、8年にニューヨークで撮影した傑作ドキュメンタリー。
開催期間:2012年6月13日~7月1日
関連イベント:「New York Is」トークイベント、ゲスト:鈴木理策(写真家)


中平卓馬 「サーキュレーション – 日付、場所、行為」

1971年のパリ青年ビエンナーレに招かれた中平が現地で敢行した実験的なプロジェクトの全貌。
開催期間:2012年7月4日~7月22日
関連イベント:トーク・イベント、ゲスト:高梨豊、金村修、佐々木敦(評論家)、八角聡仁


「KAKI STORY 1995 – 2012 つながる・ひろがる柿の木の旅」

長崎の原爆に生き残った1本の柿の木。平和の象徴として世界に贈られる柿の木二世の物語。
開催期間:2012年7月27日~9月2日
関連イベント:「ステートメントとコミットメント~闘うアーティストの社会的アプローチ」、「『ミライノケイシキ』の作り方~世界を動かす小さなちから」
「逸脱・対峙・拡張するアート~ワークショップの可能性を探る」、ゲスト:ヤノベケンジ、樋口昌樹(資生堂企業文化部長)、宮島達男、小山薫堂(放送作家)、日比野克彦(アーティスト)、森司(東京アートポイント計画ディレクター)、ワークショップ、ゲスト:秋山みさ(美術家)、矢野シンイチ(アーティスト)、木谷安憲(アーティスト)、さんかくま(熊本在住のアーティスト、研究者、学生らによるチーム)
独り芝居「風のアリア」、ゲスト:嵯峨佳乃(アーティスト)


2008〜2010年活動履歴

PAGETOP
Copyright © BLDグループホールディングス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.